ドラッグストア監修の特に女性に多いつらい冷え性についての解説サイト

冷え性は病気か?

西洋医学では冷え性は病気として扱われず、単に身体の自覚症状(不定愁訴)に過ぎないと考えられています。しかし冷え性は、全身の血管をコントロールしている自律神経のバランスがくずれ、調節がうまくいかなくなることから、あえて病名をつけるなら「自律神経失調症」 のひとつともいえるでしょう。自律神経のはたらきが乱れる原因は、ホルモンバランスの乱れのほかにも、ストレスや栄養不足、貧血などが考えられます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

こうしたからだの内的な要因によって起こる冷え性に対して、夏の冷房病など外的な環境の影響で起こる「冷え」もあります。からだが冷えやすい人は、夏でも 冷たいものを飲みすぎたり、ノースリーブやミニスカートなどで薄着をしたりするのは避けたほうがよいでしょう。屋外と室内の温度差が大きいことがストレスになって、自律神経のはたらきが乱れることもあります。 また、慢性的な血行障害が、肩こりや腰痛、肌あれ、肌のくすみなど、さまざまなトラブルにつながります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

貧血、糖尿病、腎炎、心臓病、卵巣機能障害、栄養失調、心不全などの病気がかくれていることもあるので、症状が重い場合には一度検査を受けるべきです。 さらに、手足が冷えるといったレベルを越え、痛みをともなうなど症状がひどい場合には、まれにレイノー病、バージャー病、膠原病、血栓症など血行障害の病気が原因となっていることもあります。

 

薬剤師 就職